40diary

高齢出産ひとりっ子育児

「チケットがつきました」でおなじみ「バス得」の仕組みをおさらいしてみました

電子マネーで支払い

「チケットがつきました」って?

「チケットがつきました」

バスに乗りsuicaやPASMOで運賃を払うとたまにこんなことを言われます。見れば運賃が半額になっています。
疑問に思い検索したところ即解決。

 

  • 「チケットがつきました」は「バス特」というシステムで、首都圏と一部都市のバス会社で導入されています。
  • suicaやPASMOなど交通系ICカードで運賃を払うと、知らない間に1円=1ptが付与されていて、1000ptたまると自動的に100円の割引になります。
  • このポイントは「バス得」サービスを行っているバス会社共通のポイントで、「バス得」を行っている会社のバスに乗れば自動でポイントが加算されていきます。
  • 注意が必要なのは、ポイントは1ヶ月しか累積されないこと。

バスポイントは、毎月1日の午前4時から翌月1日の午前4時になるまでの1ヶ月間累積され、翌月1日の午前4時からは、新たに0ポイントから累積されます。*1

  • 定期とどっちが得かといえば断然定期が得。計算した記事がありました。通勤・通学で毎日乗るなら定期を買いましょう。

 都バスの一般運賃はICカード支払いの場合206円(現金だと210円)なので、ICカード使用で5回乗れば1030pt貯まります。

結論

「チケットがつきました」のバス得は、通勤・通学にパスを使わないけど、月に5回ほど乗るならちょっとお得なサービスです。

 運賃は複数人数ぶんまとめ払いできる 

これ、4回しか乗らずに月をまたいだら悔しいよなーと貧乏性を発揮していると、夫にこう言われました。

 「一緒に出かける時は、まとめて運賃払おうよ」

 夫は通勤用にsuica定期券を持っています。

私も自分のsuicaを持っています。

これまでバス代はそれぞれのsuicaで精算していましたが、これをどちらかのsuicaでまとめて払おうというのです。

「バスってまとめて運賃払えるの?」

払えました。
乗車の際に「大人2人です」と伝えるだけでした。

このことにより、2倍のポイントが付与され、チケット使用率が上がりました。
だって、往復で824ptですよ。
2回の外出で確実に100円割引になるんですよ。

大人2人子供2人の4人家族だった場合、一度の外出で片道だけで618pt。帰りには確実に100円割引になってる。 

100円って重みがあると思うんです。

電子マネーだとありがたみ薄れますが硬貨が銀色になった瞬間グレードが上がります。50円、チロル程度か。

100円、コンビニのイートインで座ってコーヒー飲める。

500円、ランチが食べられる。

松竹梅の竹。安定の真ん中100円。素敵!

というわけで、チケットがつくたびに浮いた100円の銀色を想像しにやついています。

それだけの話です。

と、思ったのですが、検索中でICカードで得するバスの乗り方記事を見つけたので備忘。条件が合えば100円単位の節約になる情報です。

 

 

*1:PASUMOナビ東京都交通局(http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/other/kanren/pasmo_bus_toden_service.html)より引用