40diary

高齢出産ひとりっ子育児

速乾、しかも洗濯機で洗えるおすすめバスマット

\ シェアする /

暮らしの中のふとした瞬間に頭をよぎる「バスマットをどうにかしないと問題」が解決しました!

今週のお題が「今年中にやっておきたいこと」だったので、やっておきたいことをやってきたよという話をします。

 

 バスマット問題

バスマットほど「必要なんだけど管理がめんどくさい」ものはないと思います。

毎日濡れるのになかなか乾かない。洗う余裕がない。いつの間にかカビている…しかし、ないと不便。

これらの不便は布製だから別の素材で作ればいいんじゃない?と、珪藻土バスマットがはやりました。

わたしもこれが出てきた時はすごい!これで全てが解決だ!と喜んだのですが、珪藻土バスマットは想像していたよりも大きくて重かった。3.3kg。別売りでスタンドがあるものの、小さな子供がいるので倒したら危ない。

そしてもうひとつ残念なところが。珪藻土バスマット、冬場に乗ると冷たい。

乾きが早い、軽い、乗っても冷たくない。

これらの条件を満たすバスマットがありました。↓これです。 

Dreamegg バスマット

Dreamegg バスマット

Dreamegg バスマットの特徴

あり得ないほど水を吸う

わが家では安いバスマットとSUSUバスマットを二枚重ねで使っていました。これでも3人が使うと床はべちゃべちゃ。使用後に干しておいても生乾き。

ところがDreamegg バスマットは、使用後に裏まで水がにじみません。3人家族が使っても床が濡れることはありません。

この厚さのどこに吸収されているのか不思議です。

バスマットを横から見た写真

乾くのが早い

吸水性も高いですが乾くのも早い。

使用後、数時間でほぼ乾くので、遅く帰宅し入浴する人が湿ったバスマットを使うということがなくなりました。これだけでもストレス減。

肌触りがよく暖かい

バスマットの表面拡大写真

表面はマイクロファイバー。ふかふかで毛布のような肌触りです。

特に冬場は暖かくて気持ちいいです。

滑りどめがついていて滑らない

バスマットの裏面の滑り止め

薄いので、乗ったら滑るんじゃないかと心配になるかもしれませんが、裏全面に滑り止めがついていてしっかり床にフィットします。

洗濯機で洗える

洗濯ネットに入れて洗濯機で洗うことができます。

使い始めて3ヶ月。週に1回のペースで洗っていますが全くヘタれません。

おいくらなの?

1680円です。 

 

地味だけど生活に密着したストレスが解消されたので、ちょっとだけ家事が楽になりました。ついさっき、予備用にもう1枚注文したので、今年中にやっておきたいことは完了です。

 

今週のお題「今年中にやっておきたいこと」